良い睡眠のためにノンカフェイン生活を送ろう。

個人的な実感だが、うまくカフェインと付き合うよりも、ノンカフェインを選んでしまった方がずっと良い睡眠がとれる気がしている。

たとえ自分自身では上手にカフェインを摂取しているつもりでも、数週間後に必ずツケがまわってきて、眠くて仕方ない時期がやってくる。

カフェインは魔法。だけど…

カフェインの魔力に惹きつけられている時期は「もしかして、睡眠があまり必要ない無敵の体になったんじゃないだろうか」「昼に深く眠らないことで、逆に夜の睡眠の質は上がったんじゃないだろうか」と思うのだが、それは幻想で、最後には必ず敗北してしまう。

睡眠の質を優先するなら、まったくのゼロに近づけてしまった方が良いと思う。「カフェインは午前中だけ」「土日だけ」など「うまく付き合うコース」もあるが、たぶん僕らは自分自身のカフェイン管理能力を高く見積もりすぎだ。

カフェで飲むならコーヒーではなくて紅茶、カフェラテではなくてティーラテを選ぶのが良いだろう。最近ではノンカフェインのコーヒーも出てきているので、味にさえ不満がないなら、それを選んでも良い。

勇気を出して「カフェイン」よりも「睡眠」を選ぼう。